神戸

  • 印刷
7月に米国で開催されるトリッキングの世界大会に挑む中学生5人=神戸市中央区南本町通1、アクロバットスタジオ「タンドラ」
拡大
7月に米国で開催されるトリッキングの世界大会に挑む中学生5人=神戸市中央区南本町通1、アクロバットスタジオ「タンドラ」

 中学生5人組が世界へ-。7月、武術の動きにアクロバットや体操、ブレークダンスなどを組み合わせた新スポーツ「トリッキング」の世界大会に、神戸市中央区のアクロバットスタジオ「タンドラ」から市内の中学生ら5人が出場する。昨年の同大会14歳以下の部で2位に輝いたメンバーもおり、テクニックは世界トップレベル。トリッキングの歴史に名を刻む中学生が誕生するのか。期待が高まる。(坂山真里緒)

 宙返りやひねり、蹴りなどさまざまな動きが繰り出されるトリッキング。スピードやアクロバティックさを競う「エクストリームスポーツ」の一つとして近年、日本でも若年層を中心に注目が集まっている。中でも神戸は、日本トリッキング協会の本部が置かれるなど、盛んな地域の一つだ。

 出場するのは、神戸市立原田中学2年の岩本将成さん(13)▽高砂市立松陽中学3年の井上仁さん(14)▽宝塚市立南ひばりガ丘中学2年の梶原善さん(14)▽神戸市立塩屋中学3年の木村虎楽さん(15)▽同市立駒ヶ林中学3年の八代谷隆聖さん(14)。

 今回の世界大会は米国・カリフォルニア州で開催される「The Adrenaline Championships」。22カ国から120人以上が出場し、“世界三大大会”の一つに位置付けられている。世界一を懸けて、個人戦と団体戦で競う。5人は7月17日にたち、同25日に帰国する予定。

 昨年、14歳以下の部で準優勝した井上さんは、「自分が今、どの程度の実力なのか試す場。勝つイメージもある」と気合十分。テクニックに関しては世界レベルという岩本さんも「一人でも有名な選手に勝てるように頑張りたい」と話している。

神戸の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 10℃
  • 7℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 10%

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

お知らせ