神戸

  • 印刷
西野亮廣さんの本「えんとつ町のプペル」の絵を貼った「光る絵本列車」のイメージ(神戸市交通局提供)
拡大
西野亮廣さんの本「えんとつ町のプペル」の絵を貼った「光る絵本列車」のイメージ(神戸市交通局提供)
西野亮廣さんの本「えんとつ町のプペル」の絵を貼った「光る絵本列車」のイメージ(神戸市交通局提供)
拡大
西野亮廣さんの本「えんとつ町のプペル」の絵を貼った「光る絵本列車」のイメージ(神戸市交通局提供)
西野亮廣さん
拡大
西野亮廣さん

 神戸市営地下鉄海岸線に30日、暗いトンネルと明るいホームを交互に通る地下鉄の特性を生かした「光る絵本列車」が登場する。光を通すシートに挿絵を印刷し内窓に貼ることで、暗がりから絵が浮き出るような効果が楽しめるという。8月5日、12日、19日には、この車両を生かし、1編成4両をまるごと子どもの遊び場にした「おもちゃ箱列車」が御崎公園駅ホームにお目見えする。(上杉順子)

 海岸線沿線にはハーバーランドや、こべっこランド(神戸市総合児童センター)など子どもと楽しめる施設が多いことから、同線を「子育て応援路線」と位置付けて企画した。

 「光る絵本列車」の絵は、漫才コンビ「キングコング」でも活躍する西野亮廣さん=川西市出身=の本「えんとつ町のプペル」から。同線が保有する10編成のうち、半数の5編成で新長田方面から2両目を「絵本車両」にし、シート8枚を掲示する。

 「おもちゃ箱列車」は御崎公園駅で日中使用しない線路を活用。「光る絵本」車両に加えて残り3両が、中央図書館で人気の絵本約100冊を集めた図書館▽プラレールのプレーコーナーとボールプールを配置した遊び場▽運転台の見学や写真撮影ができる車両-に変身する。開催日の午前10時~午後3時に停車。入場無料(乗車券は必要)。

 市交通局営業推進課TEL078・322・5994

(上杉順子)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ