神戸

  • 印刷
動画一覧へ
背筋が凍りそうな怖い仕掛けに悲鳴を上げる入場者たち=神戸市中央区明石町、大丸神戸店(撮影・田中靖浩)
拡大
背筋が凍りそうな怖い仕掛けに悲鳴を上げる入場者たち=神戸市中央区明石町、大丸神戸店(撮影・田中靖浩)

 「古びた洋館」をイメージしたお化け屋敷「アリア~肖像画の叫び」が1日、神戸市中央区の大丸神戸店で始まった。薄暗く入り組んだ構造の館内はまるで迷路のよう。恐る恐る歩を進める入場者に“悪霊”たちが次々と襲いかかる。真夏の旧居留地で、背筋が凍るような体験はいかが?

 若者らに百貨店に親しんでもらおうと、5年前に初めて企画し、2回目。東映が制作を担い、プロの役者が演技するなど本格的なお化け屋敷に仕上げた。

 舞台は突如現れた「古びた洋館」。入場者は主人から「ある肖像画を見つけ、悪霊を追い払ってほしい」と依頼を受ける。館内にこだまする悲鳴と叫び声。あちこちで遭遇する悪霊から逃げながら肖像画を見つけ出し、出口を目指す。

 7月31日の内覧会は同店の従業員が体験。女性(24)は「先が見えにくくドキドキしながら歩いた。怖すぎて冷や汗かきました」と興奮気味だった。

 9階イベントホールで13日まで。入場時間は、午前10時~午後7時45分(最終日は午後4時45分)。一般・大高生800円、小中学生500円。

 入り口横の「お化けフォトスポット」で撮影した画像を会員制交流サイト(SNS)に投稿すると、会場でオリジナルのうちわをもらえる(各日先着100人)。

(三島大一郎)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ