神戸

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市人事委員会(川野理委員長)は12日、2018年度の市職員の月給と期末・勤勉手当(ボーナス)について、「民間を下回っている」として、引き上げるよう久元喜造市長と北山順一市会議長に勧告した。引き上げ勧告は5年連続で、1965年度以来、53年ぶり。

 同委員会は、市内718の民間事業所(従業員50人以上)のうち、167事業所の平均給与を算出した。勧告によると、今年4月の市職員(新規採用を除く行政職6739人、平均年齢41・7歳)の平均月給は39万4106円で、民間給与より445円低かった。また年間のボーナスは給与の4・40カ月分で、0・05カ月下回った。これに基づき月給は民間との差額を解消し、ボーナスは0・05カ月分引き上げるよう求めた。

 勧告通りに改定すると、行政職員1人当たりの平均年収は約637万6千円となり、約2万6千円増。行政職や消防職などを含めた職員の人件費総額は年間約5億円の歳出増となるという。(上杉順子)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 50%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 27℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ