神戸

  • 印刷
小学生対象の理科・生活作品展に賞を設け、10年目を迎えた「海と空の約束プロジェクト」の西谷寛さん=神戸新聞社
拡大
小学生対象の理科・生活作品展に賞を設け、10年目を迎えた「海と空の約束プロジェクト」の西谷寛さん=神戸新聞社

 バンドー神戸青少年科学館(神戸市中央区)で15日から始まる「第63回神戸市立小学校理科・生活作品展」の表彰の一つ「海と空の約束賞」は環境教育などに取り組むボランティア団体が設け、10年目を迎えた。同展に賞を出している市民団体は他にないといい、代表の西谷寛さん(62)=明石市=は「副賞の絵本を子どもが喜んでくれるのが励み。後10年続けたい」と意気込む。(上杉順子)

 団体は「海と空の約束プロジェクト」。元神戸市職員で、環境絵本「海と空の約束」を自費出版した西谷さんが「絵本を何かの賞の副賞にして」と、主催の市小学校教育研究会に持ち込んだところ、「内容がいい」と冠付きの賞になったという。低学年を対象に各区1人(北区は2人)を西谷さんが選び、毎年10人に絵本を贈っている。

 絵本は地球ができて間もない古代が舞台。海と空を擬人化し、海から生き物が生まれたことや、海と空で水が循環していることが、小さな子どもでも分かるように書かれている。

 「子どもの進路に影響するかも」と、毎年悩みに悩んで受賞者を決めるが、受賞した子が環境問題に興味を持ち、頑張って勉強しているなどと聞くと、報われた気持ちになるという。

 今年の同展は市内の公私立小学校や特別支援学校173校から集まった、夏休みの自由研究など約1200点を展示している。15~24日(19日は休館)。同館TEL078・302・5177

     □

 一方、「第17回神戸市小学校社会科作品展」も15日~24日まで、中央区吾妻通4のコミスタこうべで開かれる。午前10時~午後5時。各校から4、5点が出展され、約700点が展示されている。

神戸の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ