神戸

  • 印刷
チラシと模型で軽減税率について説明する「石だたみボーイズ」=神戸市東灘区岡本1
拡大
チラシと模型で軽減税率について説明する「石だたみボーイズ」=神戸市東灘区岡本1

 軽減税率制度の導入を来年に控え、事業者に制度の理解と準備を呼び掛けるイベントが28日、神戸市東灘区の岡本商店街で開かれた。同商店街のアイドル「石だたみボーイズ」がチラシを配り、同制度の開始時期などを周知したほか、芦屋税務署の職員による説明会も開かれた。

 同制度は、来年10月1日の消費税率10%への引き上げと同時に実施され、酒類・外食を除く飲食料品と、定期購読契約を結んだ週2回以上発行される新聞は、軽減税率8%の対象になる。

 店内飲食と持ち帰りのサービスを行っている飲食店では、持ち帰りが8%、店内飲食が10%と、課税率が異なるため、複数税率に対応可能な決済システムを構築するなど制度開始に備える必要がある。

 説明会前には、石だたみボーイズの5人が同商店街を巡り、店主らに同制度の対象品目などを解説。「甲南そば」の松澤一慶さん(53)は「持ち帰りのそばパックなどを販売しているので、説明会で理解を深め、来年に向けしっかり準備したい」と話した。(真鍋 愛)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ