神戸

  • 印刷
夢の街「ちびっこうべ」の完成を祝い、記念撮影する子どもたち=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
夢の街「ちびっこうべ」の完成を祝い、記念撮影する子どもたち=デザイン・クリエイティブセンター神戸
「ちびっこうべ」で流通する仮想通貨「キート」=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
「ちびっこうべ」で流通する仮想通貨「キート」=デザイン・クリエイティブセンター神戸

 子どもだけが入れる夢の街「ちびっこうべ2018」(神戸新聞社など後援)のオープニングイベントが6日、神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)であった。同センターが子どもの創造性を育もうと隔年で開催。警官やデザイナーなど30数種の仕事を用意しており、稼いだ仮想通貨「キート」を使って、やはり子どもが営む店で買い物や飲食もできる。7、8、13、14日にオープンする。

 夏休み中から、公募に応じた小学3年~中学3年の195人が店舗作りに取り組んでおり、パスタやコロッケなどを出す飲食店「ユメミセ」13店を出店する。調理法や食材については市内のレストランで学び、店名やロゴマーク、内外装も子どもたちが手掛けた。

 コッペパンの店で店長を務める本山第一小学校6年の女児(12)は「お客さんにおいしいと言ってもらえるように、笑顔や対応に気を付けたい」と意気込んだ。

 オープニングイベントでは街を背景に、子どもたち数百人が笑顔で記念撮影。その後、アーティストが開発したもちまきマシンが高速でもちを繰り出し、船出を祝った。

 神戸新聞社は「ちびっこ新聞社」のブースを担当。8日には号外発行車「めぐる君」も出動させる。

 中学生以下で就労体験ができる子どもなら街に入れる。保護者はエリア外で待機可能。無料、午後0時半~5時。デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)TEL078・325・2235

(上杉順子)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • 4℃
  • 90%

  • 12℃
  • -1℃
  • 90%

  • 12℃
  • 2℃
  • 90%

  • 10℃
  • 1℃
  • 80%

お知らせ