神戸

  • 印刷
パクパク人形を手にする伊藤由紀さん。「あんまり似てへんけど愛きょうあるよ」=神戸市兵庫区笠松通7
拡大
パクパク人形を手にする伊藤由紀さん。「あんまり似てへんけど愛きょうあるよ」=神戸市兵庫区笠松通7

 元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手の加入で盛り上がりをみせるサッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸。本拠地ノエビアスタジアム神戸近くの駄菓子店「淡路屋」=神戸市兵庫区笠松通7=の店主、伊藤由紀さん(48)が、地元商店として貢献したいとイニエスタ選手と元ドイツ代表のポドルスキ選手をイメージした牛乳パックの「パクパク人形」を30体制作した。「あんまり似てへんけど、ぱっくりと開けた大きな口が愛きょう満点」と伊藤さん。希望する買い物客に譲りたいという。(石川 翠)

 切り取った牛乳パックの底を谷折りにして口に見立てて顔を作るパクパク人形。手芸などが好きな伊藤さんは、パックの型にフェルトでパーツを付けてアニメのキャラクターなどを作ることにはまり、近隣のインド料理店などから牛乳パックをもらい集め、無心に作り続けた。その数はいつのまにか300体ほどになったという。

 周辺の飲食店などでは、イニエスタ選手が事業展開するワインを置くなど歓迎ムードが高まっており、淡路屋にも「(店で販売している)クレープに選手の似顔絵を描いてみては」との提案があったが、伊藤さんは「ハードルが高すぎる」と断った。代わりにパクパク人形を思いつき、友人に描いてもらった両選手の似顔絵をもとに創作を開始。あっという間にイニエスタ選手を20体、ポドルスキ選手を10体完成させた。

 「イニエスタ選手の自然なひげをかわいらしく表現できなかった」と残念がるが、「口は同じ形なので、目と鼻のパーツの配置を熟考した」と話す。

 制作中に聴いていたラジオ番組に投稿すると、スタジオ出演することに。番組では作品の紹介をしてもらえたが、「やっぱり見てほしい」という気持ちが高まり、気に入ってくれた買い物客に譲ることにした。伊藤さんは「ファンのみなさんが周辺を散策してくれるきっかけになれば」との期待も込める。

 月曜(祝日除く)定休。午前11時~午後7時。淡路屋TEL078・671・1939

神戸の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ