神戸

  • 印刷
路地には人の営みが刻まれる=神戸市長田区久保町3
拡大
路地には人の営みが刻まれる=神戸市長田区久保町3
昔ながらの駄菓子店=神戸市長田区駒ケ林町5
拡大
昔ながらの駄菓子店=神戸市長田区駒ケ林町5
玄関先には巨大テコも=神戸市長田区駒ケ林町5
拡大
玄関先には巨大テコも=神戸市長田区駒ケ林町5
路地に突き出すように洗濯物が干される=神戸市長田区駒ケ林町3
拡大
路地に突き出すように洗濯物が干される=神戸市長田区駒ケ林町3

 路地には表通りとひと味違った人情が息づく。阪神・淡路大震災を経て、長田(神戸市長田区)では、棟割り長屋や碁盤の目のような細道は随分減った。それでも、被害を免れ、再開発から外れた地域には、今も港町・神戸の原風景を伝える路地が残る。「路地ぶら」最終回は、長田区南部を歩き、見つけた心和む下町の光景をお届けしたい。

 同区久保町3。お年寄りがのんびりと歩き、玄関先の鉢植えに目をやる住民の姿に思わずシャッターを切った。

 その南に広がる漁師町・駒ケ林は、古い木造家屋が多く残る地域だ。1メートル未満の細道や砂利道、隣との境界線がはっきりしないところなどもざらにある。

 突き出すように洗濯物が干され、子どもたちが近くの小さな広場で遊んでいる。路地にとけ込むように立つ昔ながらの駄菓子店。軒先には、インターホンの下に大きなテコがぶらさがっている。何ともほほ笑ましい。

 一方で、家屋の老朽化、住民の高齢化は進み、生活との現実は必ずしも調和しない。夕刻。耳を澄ます。家屋から談笑する声が聞こえ、格子戸からは温かい光が漏れる。

 人の営みを支え、土地の記憶をとどめてきた路地。「いつまでも残ってほしい」。そんな思いにかられた。(末吉佳希、石川 翠)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ