神戸

  • 印刷
動画一覧へ
高取山頂付近の階段。眼下には神戸港や市街地が広がる(撮影・辰巳直之)
拡大
高取山頂付近の階段。眼下には神戸港や市街地が広がる(撮影・辰巳直之)

 これまでに紹介した階段とは桁違いの段数だ。その数、1276段。

 神戸市の長田、須磨区境にある高取山(328・8メートル)。頂にある高取神社を目指し、山道を行く。階段なのか、坂道なのか、判断が難しい箇所もあったが、歩みを進めること約2時間。ひたすら数え続けた。

 あちこちに、ほこらや鳥居が見える。「まさに神の山です」。麓に住む小西清次(せいじ)さん(83)が熱く語る。会社を定年退職後、健康のために山歩きを始めて23年。「雨の日など、外に出たくない日もある。でも上ったら気持ちがすっとするんです」。山に宿る力なのか。今も月に10回は中腹まで往復する。

 山頂近くの月見茶屋を越え、神社に向かう急階段へ。「ついにゴール!」。だが、まだ先が。必死の思いで上ると、神戸や大阪を見渡せる大パノラマが待っていた。

 あぁ、来て良かった。達成感に浸った瞬間、さらに階段の続きがあることに気がついた。(上田勇紀)

【所在地データ】神戸宮丘郵便局(神戸市長田区宮丘町1)そばの参道から上る

神戸の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ