神戸

  • 印刷
被害者支援の重要性を訴える磯谷富美子さん=神戸市勤労会館
拡大
被害者支援の重要性を訴える磯谷富美子さん=神戸市勤労会館

 2007年にインターネットで犯罪者仲間を募る闇サイトを通じ集まった男3人に一人娘を殺害された磯谷富美子さん(67)=名古屋市=が23日、神戸市中央区内で講演した。同市が被害者への支援拡大を目指して主催し、市民ら約70人が出席。磯谷さんはつらい日々を振り返り「多くの方が寄り添ってくれて、闇から抜け出す勇気をもらった」と支援の重要性を訴えた。

 磯谷さんは娘の利恵さん=当時(31)=を奪われ、3人の死刑を求める署名33万2806筆を集めた。「娘の死を無駄にしたくない。『社会を良くするきっかけになったよ』と報告したい」と、全国で講演を続けている。

 「娘はどれだけ怖く、苦しく、痛かったでしょうか。どれだけ生きたかったでしょうか」。闇サイトには十分な法的規制がなく、富美子さん自身も二次被害への恐怖心から転居を余儀なくされた。5月にもネットで知り合った男らに静岡県の女性=当時(29)=が拉致され亡くなる事件があり、「ネットによる犯罪は厳しい刑による抑止が必要。ネットの怖さを教育の場でしっかりと伝えてほしい」と訴えた。

 事件直後の事情聴取では警察の心ない態度に傷ついたという。この事件では加害者1人の死刑が執行されたが、残る2人は無期懲役の判決が確定しており、「娘の無念を晴らせず、悔しさと不信感が残った」と司法の在り方を批判した。

 「殺人事件では被害者に加害者からの損害賠償がほとんど支払われていない」とも訴え、国が立て替えて加害者に請求する制度の創設も求めた。(小林伸哉)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ