神戸

  • 印刷
銭湯「扇港湯」2階に設置されているドア=神戸市長田区
拡大
銭湯「扇港湯」2階に設置されているドア=神戸市長田区

 ベランダもないのに民家2階にドアが! 「高すぎる」。屋内から勢いよくドアを開けると、下に落っこちそうだ。ちょうど同じ高さの標識が「人が出てきます」の図柄に見えてきた。

 実はこれ、神戸市長田区駒ケ林町2の銭湯「扇港湯」の側面。「なんでこんなところにドアがあるの? ってお客さんからもよく尋ねられる」と女将(おかみ)の綿貫茂子さん(78)。2階は住居で、建設時に設置された非常用ドアだという。

 「火事が起きたら縄ばしごをさっと降ろしてすっと逃げる」。とてもスムーズな説明だが、使用した経験はないという。

 改築後、古くなったはしごは捨て、ドアも封印した。もう人は出てきません。(石川 翠)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ