神戸

  • 印刷
在住ベトナム人に向けたごみ出し啓発動画を説明するダン・チュン・フンさん=神戸市役所
拡大
在住ベトナム人に向けたごみ出し啓発動画を説明するダン・チュン・フンさん=神戸市役所

 神戸市内で急増するベトナム人たちが暮らしやすくなるため、神戸市は、ベトナム語を使って生活やイベント情報を発信する公式フェイスブック(FB)と、習慣の違いからトラブルになりやすいごみ出しのルールを啓発する動画を設けた。FBの更新や質問への対応は市国際課のベトナム人職員が担当している。

 市によると、外国籍の住民は年々増え、現在約4万8千人。うちベトナム人は約7千人(10月末時点)で、2013年の4・4倍に上っている。国・地域別での増加数が最も多いという。語学研修や留学生が目立ち、8割を30歳未満が占めるが、地域になじむための情報が十分に伝わっていないという。

 ベトナム人の多くがFBを利用していることから、市は公式ページを11月に開設し、日本語教室や生活相談窓口の案内などの情報を週3回程度発信している。サッカー人気が高いことから、Jリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ選手が登場する市のPR動画も流している。災害時は避難情報なども掲載していくという。

 一方、ごみ出しの啓発動画(約2分間)は「ワケトン劇場-ごみと資源の出し方ルール」と題し、ごみを出すのは収集日当日の午前5~8時▽分別方法と指定袋▽決められたクリーンステーションに出す-の3点を、ベトナム語の音声と字幕付きで説明している。

 FBの更新と啓発動画の音声を担当するのは市国際課のダン・チュン・フンさん(29)。普段は市内の大学に通う。4月からベトナム人対象の情報発信を充実させるために非常勤職員として週1回勤務している。「自然が豊かな神戸は大好きなまち。ずっと暮らしていきたい。外国出身の人たちもルールを守ってください」と呼び掛けている。(若林幹夫)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ