神戸

  • 印刷
アーティストに場所と表現を解放する「新長田アートマフィア」のメンバー=長田区二葉町1
拡大
アーティストに場所と表現を解放する「新長田アートマフィア」のメンバー=長田区二葉町1

 古民家に俊敏なダンサーの動きを描写した絵画が並ぶ。商店街には雑草を使ったパフォーマンスに興じる華道家の姿も…。昨年11月、神戸市の新長田に点在する14の拠点をアーティストに解放し、初開催されたアートイベント「藝賭せ開き2018」。地元の自営業者らでつくる、表現活動を支援する団体「新長田アートマフィア」がプロデュースした。

 「この街を日常的にアートであふれる場所にしたい」。発起人で、劇場の運営を行うNPO法人「ダンスボックス」の舞台芸術制作者、横堀ふみさん(40)は大望を抱く。

 長田区南部を舞台に15年に始まり、2年に1度開かれる「下町芸術祭」実行委のメンバーらが、「芸術の裾野を広げたい」と昨夏に同団体を設立した。

 マフィアとは物騒な響きだが、語源は「優雅で大胆な」。そこに活動の方向性を集約させた。メンバーは1級建築士や会社、病院経営者ら多岐にわたる。「芸のために全てを賭けてほしい」との思いを込め、イベントを「藝賭せ」と名付けた。この半年で県内外18人のアーティストが新長田で芸を磨き、そのパフォーマンスが舞台出演につながったダンサーもいるという。

 メンバーの一人で、サービス付き高齢者向け住宅「はっぴーの家ろっけん」代表の首藤義敬さん(33)は「活動の日常的な継続が鍵。地域住民の理解が深まれば、新しい人間関係が生まれる。新長田を『アトリエ解放区』にしていくのが夢」と語った。(吉田みなみ)

神戸の最新
もっと見る

天気(6月18日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ