神戸

  • 印刷
モニュメント「BE KOBE」によじ登る人たち(撮影・吉田敦史、写真を一部加工しています)
拡大
モニュメント「BE KOBE」によじ登る人たち(撮影・吉田敦史、写真を一部加工しています)

 神戸観光の記念撮影スポットとして人気を集めるメリケンパーク(神戸市中央区波止場町)のモニュメント「BE KOBE」が、設置から2年もたたず、修理されることになった。原因は写真映えを追求してよじ登る人たちの重み。人間が乗ることを想定していない構造のため、文字の接合部などに亀裂が生じている。工事に入る18日から3月中旬まで、記念撮影には利用できない。

 モニュメントは2017年4月に市が設置した。直後から写真共有アプリ「インスタグラム」などによく投稿され、休日には撮影を待つ人が列を作る。約2・4メートルの高さがあり、落下すると危険。土足でよじ登られると、白い塗装も汚れてしまう。市は「登らないで」と立て看板で注意喚起し、職員巡回時に声掛けするが、足を掛けやすい形状も災いして、登る人は後を絶たないのが現状だ。

 市みなと総局の担当者は「当初に考えていたよりも傷みが早い」と嘆く。補修は見た目が変わらない程度に文字の上部に厚みを持たせ、再び真っ白に塗り直すという。現在の注意書きは仮置きだが、恒久的な看板への転換も予定している。

 モニュメントの汚れを憂い、昨春から市民らに広く呼び掛けて月1回の定期清掃に取り組む同市の会社経営者(41)は「これを機に登ったら壊れると知ってほしい。事故が起きて嫌な思いをする人が出てほしくないし、塀などで囲まれて無粋な展示になったら残念だ」と話す。

 工事は3月13日までの予定。(上杉順子)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月16日)

  • 32℃
  • 25℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 50%

  • 32℃
  • 24℃
  • 10%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ