神戸

  • 印刷
スタジアム入りする選手とハイタッチをかわす見学ツアーの参加者(撮影・辰巳直之)=ノエビアスタジアム神戸
拡大
スタジアム入りする選手とハイタッチをかわす見学ツアーの参加者(撮影・辰巳直之)=ノエビアスタジアム神戸
憧れの選手と記念撮影するエスコートキッズ=ノエビアスタジアム神戸(撮影・吉田敦史)
拡大
憧れの選手と記念撮影するエスコートキッズ=ノエビアスタジアム神戸(撮影・吉田敦史)

 元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手ら世界的に有名な選手の加盟で、注目が集まるサッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸。本拠地開幕戦が行われた2日、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区御崎町1)やその周辺では、「神戸新聞デー」が開催された。スタジアムの裏側に入れたり、選手を間近で見たりする「見学ツアー」のほか、小学生が憧れの選手と手をつないで入場する「エスコートキッズ」などがあり、ヴィッセルファンらは特別な時間を楽しんだ。

 スタジアム見学ツアーには市内外から約30人が参加。フィールド脇のベンチやバスを降りた選手らが会場入りする裏口などを巡った。記者会見室では、ヴィッセル神戸の安井拓也選手が登場。参加した子どもたちから「リフティングは何回できますか?」などといった“取材”があり、安井選手は「何回でもできます」と答えていた。南あわじ市立阿万小5年の男児(11)は「間近で見た選手はやっぱりかっこいい。いつかここでサッカーをしたい」と目を輝かせていた。

 エスコートキッズには、11人の小学生が選ばれ、チームカラーの深紅のユニホームを着てピッチに立った。学校でサッカーチームに入っているという神戸市立長尾小3年の男児(9)は念願のイニエスタ選手とペアに。「言葉は分からなかったけど、すごくうれしかった。家族や友達に自慢したい」と興奮していた。

 また、スタジアムの周辺では、東日本大震災の被災地にメッセージや千羽鶴を届けるコーナーが設けられた。寄せられたメッセージは10日にユアテックスタジアム仙台で行われるヴィッセル神戸対ベガルタ仙台戦に届けられ、一部が電光掲示板に映し出されるという。(西竹唯太朗)

神戸の最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 20%

  • 29℃
  • 8℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 30%

  • 27℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ