神戸

  • 印刷
大型絵馬にサインを記したINAC神戸の選手たち=神戸市東灘区住吉宮町7
拡大
大型絵馬にサインを記したINAC神戸の選手たち=神戸市東灘区住吉宮町7

 サッカー女子プレナスなでしこリーグのINAC神戸レオネッサは12日、神戸市東灘区の本住吉神社で今シーズンの必勝祈願に臨んだ。日本代表を多く抱えながら、2シーズン連続で無冠に終わっており、タイトル奪還を誓い合った。

 選手、スタッフ約30人が参拝。横田智明宮司が祝詞を奏上し、鈴木俊監督らが玉串を奉納した。神事後、選手たちは境内に置かれた大型の絵馬にサインを記し、安本卓史社長が「めざせ優勝」と書き込んだ。同日夜には同市内のホテルに支援者らを招き「感動感謝の集い」を開いた。

 INACは昨季、リーグ戦を含めた主要3大会でいずれも2位。日本代表MFの中島依美主将は「まずはリーグ優勝。(サポーターに)結果で恩返ししたい」と決意を語った。

 INACのリーグ開幕戦は21日、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸であり、日体大フィールズ横浜と対戦。今季から小中学生らを対象に本拠地戦の無料招待を始め、公式ホームページから申し込みを受け付けている。(有島弘記)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ