神戸

  • 印刷
犠牲者を悼み、献花して手を合わせる参列者=神戸市兵庫区今出在家町4、薬仙寺
犠牲者を悼み、献花して手を合わせる参列者=神戸市兵庫区今出在家町4、薬仙寺

 太平洋戦争末期、米軍機による爆撃で神戸などが焦土と化した神戸空襲から74年となった17日、神戸市兵庫区の薬仙寺(後藤尚玄住職)で合同慰霊祭が営まれた。空襲体験者らによる講話や同市役所センター合唱団のコーラスがあり、参列した遺族ら約80人が平和の尊さを語り継ぐ決意を新たにした。(竹本拓也)

 市民団体「神戸空襲を記録する会」(中田政子代表)が毎年開いており、48回目。1945年3月17日の神戸空襲では無差別に焼夷弾が投下され、同年5月11日、6月5日にも大規模な攻撃があった。命を落とした市民は8千人以上とされるが、正確な数は分かっておらず、同会が犠牲者名簿の更新を続けている。

神戸の最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 20%

  • 29℃
  • 8℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 30%

  • 27℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ