神戸

  • 印刷
入港歓迎行事の様子=神戸市中央区新港町、新港第4突堤
拡大
入港歓迎行事の様子=神戸市中央区新港町、新港第4突堤

 海上自衛隊の練習艦隊3隻が18日、2年ぶりに神戸港(神戸市中央区)に入港した。19日には係留地の新港第4突堤(同)で、午前9時からと午後1時からの2回、練習艦「やまゆき」を一般公開する。

 入港したのは「やまゆき」のほか、練習艦「かしま」と護衛艦「いなづま」。16日に広島県江田島市の海上自衛隊幹部候補生学校を卒業したばかりの実習幹部約190人を含む約720人が乗艦している。

 18日にあった入港歓迎行事では神戸発のアイドルユニット「KOBerrieS♪(コウベリーズ)」のメンバーらが花束を贈呈。同市東灘区生まれで、練習艦隊司令官の梶元大介さん(53)は「実習幹部は、阪神・淡路大震災からの神戸の復興とともに成長した世代。この神戸でいろいろな経験をしてもらいたい」とあいさつした。

 3隻は20日に東灘区魚崎浜町の海上自衛隊阪神基地に移動後、21日朝に神戸港を離れる予定。(長沢伸一)

神戸の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ