神戸

  • 印刷
会場には平成や令和をイメージしたデコレーションケーキが並ぶ=神戸市中央区明石町
拡大
会場には平成や令和をイメージしたデコレーションケーキが並ぶ=神戸市中央区明石町

 洋菓子の街・神戸をアピールする「洋菓子フェスタin Kobe」(神戸新聞社など後援)が1日、神戸・元町の大丸神戸店で始まった。関西を中心に人気洋菓子店のスイーツを販売するほか、兵庫県内のパティシエらによるデコレーションケーキや工芸菓子約50点を展示する。7日まで。

 兵庫県洋菓子協会と神戸ファッション協会の主催で、今年で32回目となる。

 展示作品のテーマは「平成の歴史をふりかえって-新元号にちなんで、新時代へのおくりもの」。デコレーションケーキは、公衆電話や携帯電話といった時代の変化を象徴するものなどをマジパンで細かく表現し、職人技が光る。孫(7)を連れて夫婦で訪れた神戸市中央区の会社員(61)は「手の込んだデコレーションが美しい。毎年楽しみにしている」と話した。

 会場ではケーキ2個と飲み物のセットを1200円で販売。2日は神戸初の大型あめ細工の実技コンテストが開かれ、3~6日には人気店のパティシエによるケーキ教室(550円)がある。午前10時~午後8時(最終日は展示が午後3時、販売が午後5時まで)。大丸神戸店TEL078・331・8121

(石沢菜々子)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 30℃
  • 24℃
  • 40%

お知らせ