神戸

  • 印刷
動画一覧へ
母親の遺影を手に「念仏じょんがら」を踊るギリヤーク尼ヶ崎さん=神戸市中央区多聞通3(撮影・斎藤雅志)
拡大
母親の遺影を手に「念仏じょんがら」を踊るギリヤーク尼ヶ崎さん=神戸市中央区多聞通3(撮影・斎藤雅志)

 “大道芸人”を名乗り、国内外の路上で半世紀にわたり踊ってきたギリヤーク尼ヶ崎(本名・尼ヶ崎勝見)さん(88)=東京都=の米寿公演が5日、神戸市中央区の湊川神社であった。

 ギリヤークさんは北海道函館市出身。1968年から街頭を舞台とし、89年に神戸で初公演。阪神・淡路大震災後は「祈りの踊り」を被災地でささげてきた。近年はパーキンソン病などを発症し、治療をしながら活動。神戸公演は4年ぶりとなる。

 公演は、津軽三味線を弾く芸人をイメージした代表作「じょんがら一代」で幕開け。車いすで現れたギリヤークさんが立ち上がり、「イヤーッ」と気合を入れると、約200人の観客が一斉に拍手。新作「果たし合い」では、友人で俳優の近藤正臣さんから譲られた刀のつばを震える手で構え、ポーズを決めた。

 演目の合間には「震災で亡くなった人の霊に勇気づけられ、続けてこれた」とくぐもった声であいさつ。終演後は、写真集にサインを求めるファンに囲まれ、「ちゃんとした踊りを見せられるよう練習して、あと2年は踊っていきたい」と話した。(田中真治)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 30℃
  • 24℃
  • 40%

お知らせ