神戸

  • 印刷
開校を前に、劇場内でドローンを飛ばすスタッフら=神戸三宮シアター・エートー
拡大
開校を前に、劇場内でドローンを飛ばすスタッフら=神戸三宮シアター・エートー

 神戸市中央区琴ノ緒町5にある劇場「神戸三宮シアター・エートー」が、小型無人機ドローンの操縦を学ぶスクールを開校する。飛行させるために必要な基本知識を学ぶ学科のほか、飛行訓練も劇場内で実施。天候に左右されずにドローンを安全飛行させる技術を身につけることができる。(斎藤雅志)

 同劇場では演劇や落語、トークイベントなどをしているが、公演が入っていない平日の有効活用を模索。個人の趣味としてだけではなく、さまざまな産業でもドローンの需要が高まっていることに注目して開校を決めた。

 航空分野の教育事業に取り組み、北海道や大阪、神奈川などでドローンスクールを展開している「日本航空教育協会」(山梨県甲斐市)の公認。受講期間は5日間で、学科はドローンの構造や飛行許可の申請手順のほか、航空法や気象なども学ぶ。飛行訓練は実機やシミュレーターを使って操縦の基礎を身につけ、最終日に自動車教習所「北須磨ドライビングスクール」(同市須磨区)で遠方への飛行や実技試験をする。

 訓練のほとんどは劇場内に設ける4メートル四方、高さ約5メートルのフライトエリアで行う。同劇場スタッフで講師を務める村上泰児さん(45)は「広い場所ではないけど、ミスをしない操縦をしっかり身につけてもらえるはず」と話す。

 第1期は20~24日。申し込み締め切りは13日。定員6人。16歳以上が対象。受講料は一般21万6千円(高校、専門学校、大学の在籍者には学割がある)。同劇場TEL078・231・0011

神戸の最新
もっと見る

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 20%

  • 31℃
  • 10℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 31℃
  • 13℃
  • 20%

お知らせ