神戸

  • 印刷
劇団ぷらっと「葬儀はキャンセルできない」の稽古風景=神戸市灘区
拡大
劇団ぷらっと「葬儀はキャンセルできない」の稽古風景=神戸市灘区

 死んだはずの父が、通夜の席に帰ってきた-。神戸で活動する劇団「ぷらっと」の笑劇「葬儀はキャンセルできない」が23~26日、神戸市兵庫区新開地5の神戸アートビレッジセンターで上演される。現代人が抱える孤独感を、毒のある笑いに包んで描き出す。「ボーッとせず、主体的に生きようというメッセージが込められた作品」という。(溝田幸弘)

 「父が電車にはねられ亡くなった」。突然の知らせに、妻らは慌てて葬儀の準備を進めた。悲しみの一方で、親類は遺産を狙い、会社の部下は後釜のポストをうかがう。それぞれの思惑が交錯する通夜の席、なぜか生きた父が現れて…。

 同劇団は「社会問題を笑いで解きほぐし、観客を元気にする舞台」をつくろうと2013年に旗揚げ。年1回のペースで公演している。今回は、劇作家北野ひろしさんの「帰ってきたオトウサン」を同劇団が潤色した。

 演出の小森清太さん(67)は「主人公の父は仕事ばかりで家庭を顧みず生きてきた。身につまされる人も多いのでは」と話し、「今回は爆笑というより、苦笑いする場面が多くなりそう」と手応えを語る。

 23、24日午後1時半、6時半、25日午後1、5時、26日午後1時開演。3千円、学生2千円、小学生以下無料。

神戸の最新
もっと見る

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 20%

  • 31℃
  • 10℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 31℃
  • 13℃
  • 20%

お知らせ