神戸

  • 印刷
農園で野菜の収穫を楽しむ親子連れ=須磨区大手町7
拡大
農園で野菜の収穫を楽しむ親子連れ=須磨区大手町7

 子育て世代の交流や、子どもの食育を目的にした広場「すまっこのもり」が神戸市須磨区大手町7の空き地に完成した。市の補助金を活用し、330平方メートルの敷地に農園や花壇を整備。15日に行われたお披露目には、親子連れら8人が訪れ、イチゴやスナップエンドウなどの収穫を楽しんだ。

 昨年10月から始まった空き地活用を促す市の事業「空き家・空き地地域利用バンク」の第1号事例で、自然の中で保育に取り組む団体「森のようちえん すまっこのもり」が同バンクに登録し、今年1月から市の補助金を利用して整備してきた。

 無農薬栽培にこだわった市川町の農家から腐葉土を購入し、宅地だった土地の一角を耕して畑を作った。団体のメンバーが生い茂った草木を刈って広場を整備し、水道や入り口のスロープも備え付けた。

 1歳半の娘と参加した須磨区の女性(37)は「実がなる様子を見せられてよかった。土に触れ合う機会がないので、貴重な体験ができた」と話した。

 現在、同事業には空き地と空き家計12件の登録があり、10団体以上が活用を希望している。上限100万円の補助金を受給できるといい、市の担当者は「地域のために利用したいと考えている人は、提案や相談に来てほしい」としている。(喜田美咲)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 30℃
  • 24℃
  • 40%

お知らせ