神戸

  • 印刷
長田区内の菓子店が出店したコーナー=神戸市長田区若松町6
拡大
長田区内の菓子店が出店したコーナー=神戸市長田区若松町6
多彩なステージイベントが催された会場=北区大沢町上大沢
拡大
多彩なステージイベントが催された会場=北区大沢町上大沢
宮廷舞踏を披露するバロックダンスチーム=須磨離宮公園
拡大
宮廷舞踏を披露するバロックダンスチーム=須磨離宮公園
観客の前でダンスを披露する舞子フォークダンス部員=神戸市垂水区海岸通
拡大
観客の前でダンスを披露する舞子フォークダンス部員=神戸市垂水区海岸通
神戸西署が大学生と企画したヒーローショー=プレンティ広場
拡大
神戸西署が大学生と企画したヒーローショー=プレンティ広場

 「第49回神戸まつり」(神戸新聞社など後援)は18日、2日目を迎え、神戸市内9区で一斉に区まつりが開かれた。各会場では多彩なステージが披露され、地域の特産品が味わえる飲食ブースは大勢の家族連れでにぎわった。19日は同市中央区でメインフェスティバルがある。(津田和納、西竹唯太朗、喜田美咲、千葉翔大、伊田雄馬)

【長田区】

 長田区の若松公園で開かれたまつりでは、地元で活動する約30団体が和太鼓や韓国の伝統音楽など、多彩なステージを披露。スイーツをテーマにしたブースが初めて設けられ、家族連れが列をつくった。

 ブースには区内の六つの菓子店が出展。抹茶を使ったアイスクリームやバウムクーヘンなどが販売され、訪れた人たちは舌鼓を打ちつつ舞台を鑑賞していた。

 バンド演奏に耳を傾けていた中央区の女性(49)は「さわやかな気候で、出店の味も演奏も楽しめて満足です」と笑顔だった。

【北区】

 道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢であった「きたきたまつり」では、地元団体による和太鼓の演奏や、神戸親和女子大の学生によるダンスなど約15団体がステージ上で自慢の技を披露し、観衆を沸かせた。

 会場では、障害者施設で育てられた北区産野菜の販売のほか、バルーンアートや吹き戻し作り体験を楽しめる約30店がずらり。白バイやパトカーなどの乗車体験も人気を集めていた。

 北区の祖父母宅から訪れた男児(6)は剣の形のバルーンアートを手に「家に飾りたい」と話した。

【須磨区】

 須磨離宮公園では、「須磨音楽の森」が開かれた。満開のバラ約4千株に囲まれた野外ステージでは、地元団体による音楽演奏やダンスの披露があった。

 日が傾き始めた夕刻、ベルサイユ宮殿の舞踏会をイメージしたダンスが始まった。レースがあしらわれたドレスをまとった8人が優雅に舞い、扇子を手にほほ笑みかけて、観客を魅了した。

 初めて訪れた長田区の女性(42)は「子どもたちのダンスはかわいらしく、バロックダンスはたたずまいがすてきだった」と話した。

【垂水区】

 マリンピア神戸で開かれた「たるみっこまつり」では、子どもから大人までの43団体が多彩なダンスや和太鼓の演奏を繰り広げた。

 小学生のチアダンスで元気よく幕を開け、60~80代の女性約30人でつくる「舞子フォークダンス部」はそろいのワンピースに、手作りの黄色い花飾りを手に携えて登場。昭和の歌謡曲などに合わせ、軽やかなステップを披露した。

 メンバー最高齢の梶田香代子さん(88)は「何度踊っても楽しく、毎年参加している。体が持つ限り出続けたい」と明るく話した。

【西区】

 西区では市営地下鉄西神中央駅近くのプレンティ広場に、焼きそばやたこ焼きなどを販売する21の屋台が並んだ。体力測定コーナーや区のマスコットキャラクター「神戸ウエストン」との記念撮影ブースもあり、多くの人でにぎわった。

 和太鼓やキッズダンスが繰り広げられた特設ステージで、神戸西署は神戸芸術工科大の学生と防犯をテーマにしたヒーローショーを披露。特殊詐欺をたくらむ敵をヒーローが懲らしめるストーリーを学生が演じ、署員が「少しでも怪しいと感じたら通報を」などと呼び掛けた。

神戸の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ