神戸

  • 印刷
「夢への挑戦」と題して語る三浦雄一郎さん=神戸市中央区中山手通4
拡大
「夢への挑戦」と題して語る三浦雄一郎さん=神戸市中央区中山手通4

 今年1月、南米大陸最高峰アコンカグア(6959メートル)への登頂に挑戦した冒険家の三浦雄一郎さん(86)が19日、神戸市中央区中山手通4のラッセホールで「夢への挑戦」と題して講演した。

 三浦さんは通信制高校のクラーク記念国際高校の校長を務めており、中学生らの進路選択を支援する一般財団法人「県進路選択支援機構」(同区)が、主催する教育フォーラム(神戸新聞社など後援)に招いた。

 約6千メートルの地点で無念のドクターストップとなり、アコンカグア登頂を果たせなかった三浦さん。登山時は体力が有り余り、「90歳でもエベレストに挑戦できるのではと感じるほどだった」と振り返り、「また次のチャレンジに向かおう」と考えて下山を受け入れたという。「人生の中では思うようにいかないことがいくつもあるが、大事なのは失敗を恐れず、また挑戦し続けること」と強調した。

 三浦さんは2009年にスキーのジャンプに失敗し、大腿骨や骨盤を折る大けがを負った。「80歳でエベレストに登るという夢が、骨折を治す力になった」と話し、「夢や目標は人生の羅針盤。体や心を鍛えながら、夢に向かって頑張り続けてほしい」と呼び掛けた。(長谷部崇)

神戸の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 10%

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 30℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ