神戸

  • 印刷
外国人観光客の取り込みを狙って開かれたセミナー=神戸市中央区雲井通5
拡大
外国人観光客の取り込みを狙って開かれたセミナー=神戸市中央区雲井通5
ラグビーワールドカップ開幕までの残り日数を示す看板=神戸市中央区元町高架通
拡大
ラグビーワールドカップ開幕までの残り日数を示す看板=神戸市中央区元町高架通

 ラグビーワールドカップ(W杯)開幕まで約4カ月。訪れた外国人観光客を神戸の飲食店に呼び込む方法や心構えを考えるセミナーが29日、神戸市勤労会館(同市中央区雲井通5)で開かれた。神戸で行われる4試合では、計約3万6千人の外国人が訪れると推計されている。飲食店関係者約30人が参加し、接客の仕方や口コミで高評価をもらう方法など聞き、迫る一大イベントに備えた。(西竹唯太朗)

 神戸観光局と飲食店検索サイト運営会社「ぐるなび」の主催。神戸では9月26日からノエビアスタジアム(同市兵庫区)で、イングランドVS米国▽スコットランドVSサモア▽アイルランドVSロシア▽南アフリカVSカナダ-の4試合が行われる。

 セミナーではまず、同局の待鳥直史課長が、W杯が神戸にもたらす影響について説明。「イギリスのチームは特にビールの消費量が多く、中でもアイルランドは日本の2・4倍。品切れを起こさないようにしないと、後のインバウンドにも影響する」と強調した。

 続いて、ぐるなびの福本晃一さんと、大阪市内を中心に鉄板焼き店などを展開する寿幸の門田桂太郎人事部長が講演。「会員制交流サイト(SNS)が何より重要。どう写真を撮ってもらうか工夫する」「来店時に『お通し』などの説明をすることで会計時のトラブルを防げる」など具体的なアドバイスをした。

 参加した神戸酒心館の日本料理店「さかばやし」=同市東灘区=の幸徳伸也店長(40)は「W杯でビールの消費量がそんなにあるとは知らなかった。うちは日本酒が売りなのでビールとセットで販売するなど工夫していきたい」と話した。

神戸の最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ