神戸

  • 印刷
「須磨のお寺さん」として親しまれる上野山福祥寺。外国人観光客も参拝に来る=須磨寺
拡大
「須磨のお寺さん」として親しまれる上野山福祥寺。外国人観光客も参拝に来る=須磨寺
平敦盛と熊谷直実の一騎打ちの場面を再現した「源平の庭」=須磨寺
拡大
平敦盛と熊谷直実の一騎打ちの場面を再現した「源平の庭」=須磨寺

 山陽須磨駅(神戸市須磨区)を下車し、須磨寺を目指して散策道「智慧の道」を北に歩く。龍華橋を渡り、平安時代末期の武将・源頼政が再建した仁王門をくぐると、静かなたたずまいと厳かさにしばし圧倒される。

 須磨寺は仁和2(886)年、光孝天皇の勅命で聞鏡上人が創建したことが始まりとされる。

 時は同じく平安時代、歌人の在原行平が須磨に左遷された。須磨寺には行平が須磨の浜辺で手にした一枚の板に、一本の弦を張った「須磨琴」(一弦琴)を作ったという伝説が今も残る。

 本堂に向かう途中、馬にまたがる2体の武将をかたどった銅像が目にとまった。地区一帯は、源平合戦の中でも最も有名な「一の谷の戦い」の舞台として知られる。1960年代にはNHK大河ドラマ「源義経」の影響で“源平ブーム”が訪れ、須磨寺を訪れる観光客が増えたという。

 銅像は平清盛のおい・敦盛と源氏方の熊谷直実の一騎打ちの様子を再現。死を前にする敦盛と、自身の息子ほどに若い武将を討ち取らねばならない直実の心情は、悲哀の物語として語り継がれている。

     □ 

 ところで、須磨寺の正式名称は「上野山福祥寺」ということをご存じだろうか。副住職の小池陽人さん(32)は「江戸時代ごろから、『須磨のお寺』という縁で『須磨寺』と呼ばれるようになった」と説明する。ところが通称名がすっかり浸透してしまい、地域住民も正式名にあまりなじみがないとか。

 小池さんは「交番で『福祥寺を探している』とたずねてきた女性に、おまわりさんが『須磨寺で聞いてみて』とアドバイスした、という笑い話もあります」と目を細める。

 阪神・淡路大震災では本堂などに大きな被害を受けた。境内には震災追悼碑があり、毎年1月17日には法要が営まれている。

 ところで寺を歩くと、ユニークで愛らしい石仏や、音がなる仕掛けの石碑などの「おもろいもん」が点在する。敷居の高いイメージのあるお寺に、クスッと笑える置物があるその理由とは-。詳しくは、後日に紹介する。

   *   *

 かつて「摂津国の最果て」と称された神戸市須磨区。1100年以上の歴史を持つ仏教寺院・須磨寺は歴史好きの観光客から親しまれる一方、お寺と地域をつなぐ取り組みも深い。「歴史」「国際交流」「おもろい」などをテーマに須磨寺の魅力に迫る「須磨寺解体新書」を5回にわたってお届けする。(久保田麻依子、長沢伸一)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ