神戸

  • 印刷
【4】ぶじかえる 「びっくりしたい人は目玉を、借金で困っている人は首を回してください」と案内のあるカエルの置物。あっちこっちを見渡して、お寺を見守っているのかな?
拡大
【4】ぶじかえる 「びっくりしたい人は目玉を、借金で困っている人は首を回してください」と案内のあるカエルの置物。あっちこっちを見渡して、お寺を見守っているのかな?
【1】一願成就の大数珠 肩に掛けて祈ると、お大師さんが願いを一つだけかなえてくれる。数珠といっても、大人2人がかりで持つのが精いっぱい。願掛けする時は注意しよう。ちなみに制作元は「企業(?)秘密」。
拡大
【1】一願成就の大数珠 肩に掛けて祈ると、お大師さんが願いを一つだけかなえてくれる。数珠といっても、大人2人がかりで持つのが精いっぱい。願掛けする時は注意しよう。ちなみに制作元は「企業(?)秘密」。
【2】わらべじぞう 赤い帽子に前掛け姿のかわいらしい地蔵6体が並ぶ。「ナニ? ナニ? なんやてェ~」「フーム、サテ、どないしたらええのやろ?」と、関西弁で悩みを聞いてくれる。
拡大
【2】わらべじぞう 赤い帽子に前掛け姿のかわいらしい地蔵6体が並ぶ。「ナニ? ナニ? なんやてェ~」「フーム、サテ、どないしたらええのやろ?」と、関西弁で悩みを聞いてくれる。
【3】七福神マニコロ 亀の背中に、七福神が描かれた球体が乗っている“おめでたい”銅像。亀の背中に乗って、球体をクルクルと回すと福が舞い降りてくるとか。「マニコロ」は、チベット仏教で使う仏具の一つ。
拡大
【3】七福神マニコロ 亀の背中に、七福神が描かれた球体が乗っている“おめでたい”銅像。亀の背中に乗って、球体をクルクルと回すと福が舞い降りてくるとか。「マニコロ」は、チベット仏教で使う仏具の一つ。

 ひょうきんな銅像や巨大な数珠…須磨寺(神戸市須磨区須磨寺町4)を歩いていると、ユニークな置物をたくさん見かける。お寺というと、敷居が高くて「堅い」イメージだが、同寺では「おもろいもん巡り」と銘打って散策コースを設定している。そこに込められた思いとは-。(久保田麻依子)

 入り口にあたる仁王門をくぐると、荘厳な表情をした「先手観音」が立っている。参拝後、手形に手を置いてみると「…チーン♪」。えっ、音が鳴るの? ちょっと心がざわつく。

 「おもろいもんには『笑顔でお参りしてほしい』という先代の願いが込められています」。小池陽人副住職(32)がそう教えてくれた。先代で祖父の小池義人さん(故人)は第2次世界大戦でシベリア抑留を経験。31歳で日本に帰還してからは、シベリアでの壮絶な体験から“30代からは余生”と語り、「生きているなら、みんなが笑顔になるようなことをしよう」と、ユニークな置物を設置するようになったという。ボタンを押すと音楽が流れたり、触ったりできる置物が多く、親子の散策コースとして親しまれている。

 須磨寺が作成した「おもろいもん巡りマップ」にある14のスポットのうち、4カ所を紹介する。

神戸の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ