神戸

  • 印刷
100歳を超えても元気にプレーを続ける中村寿子さん=大和公園
拡大
100歳を超えても元気にプレーを続ける中村寿子さん=大和公園

 青空の下、近隣住民と一緒にグラウンドゴルフで汗を流す100歳がいる。約30年にわたって元気にプレーする中村寿子さん(100)=神戸市灘区。体力低下への不安から、時代が令和になったのを機に「引退」も考えたが、仲間から「元気にプレーする姿を見ていると励みになる」と喜ばれるため、現役続行の意志を固くした。(川村岳也)

 中村さんは1919(大正8)年に三重県粥見村(現在の松阪市)で生まれた。両親から「これからの時代、女性も仕事を持って生きていかなくてはならない」と育てられ、歯科医師になった。53年、結婚を機に灘区へ。「中村歯科医院」を開業し、約40年治療に当たった。

 グラウンドゴルフとの出合いは昭和の終わりごろ。来院した患者に、地元老人会「八幡クラブ」のスポーツ部へ誘われた。「みんなでワーワー言うて、年寄りの者同士で遊ぶのが楽しくてね」と、次第にグラウンドゴルフに熱中するようになった。以来30年以上にわたり、月10日、大和公園(同区)などである試合に、ほぼ休まず参加。同クラブで皆勤賞や健闘賞など、多くの賞を獲得した。

 現在もビル4階の自宅から階段を降り、約20分歩いてグラウンドに通うほど足腰は元気。「最近はホールインワンもよう出んわ」と嘆くが、50メートル先のホールポストに向かってクラブを振る力強さは健在だ。

 大正、昭和、平成、令和の四つの時代を生き抜いてきた中村さん。昨年、病気になり、体力の低下で思うようなプレーができないこともある。引退も考えたが、「仲間と好きなことをやるのが一番」と現役続行を決め、「ちょっと偉そうだけど、励ます役目を果たせれば」と今後への意気込みも語った。

 一緒にプレーする男性(81)=同区=は「ボールを打つ距離やショットの正確性は、とても100歳には見えない。スコアも80代と同じくらい」と驚いている。

神戸の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 32℃
  • 21℃
  • 20%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ