神戸

  • 印刷
行方不明になった女子高生を発見し、感謝状を受ける「ヴォルフィンク・フォン・マイン・リーベ号」=神戸西署(同署提供)
拡大
行方不明になった女子高生を発見し、感謝状を受ける「ヴォルフィンク・フォン・マイン・リーベ号」=神戸西署(同署提供)

 兵庫県警神戸西署は、行方不明になっていた女子高生(15)を発見したとして、県警鑑識課の警察犬「ヴォルフィンク フォン マイン リーベ号」に署長感謝状を贈った。

 同署によると、5月17日午後10時ごろ、家庭内でのけんかから家を飛び出した神戸市西区の女子高生を、通報から約2時間後に発見したという。女子高生にけがはなかった。リーベ号は靴の中敷きのにおいを頼りに、指導員の広瀬雅巡査部長(36)と付近を捜索。約1キロ歩いて探し回り、自宅から約30メートル離れた水路の近くに座っていたところを見つけたという。

 リーベ号はジャーマンシェパードの雄で7歳。これまで4人の行方不明者を発見してきたという。この春からコンビを組む広瀬巡査部長は「これからもどんどん行方不明者を発見したい」と語った。

神戸の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ