神戸

  • 印刷
カメの研究を続ける亀崎直樹さん=須磨海浜水族園
拡大
カメの研究を続ける亀崎直樹さん=須磨海浜水族園
ミシシッピアカミミガメを捕獲する職員(同園提供)
拡大
ミシシッピアカミミガメを捕獲する職員(同園提供)
ミシシッピアカミミガメを持ち寄る「アカミミガメ・パスポート」の様子(同園提供)
拡大
ミシシッピアカミミガメを持ち寄る「アカミミガメ・パスポート」の様子(同園提供)

 水族館の役割って一体何だろう? ふだんの暮らしでは決して見ることができない生命の神秘と出会うこと? いや、生物は自然のままの姿で観賞するのが本当ではないだろうか。神戸市の須磨海浜水族園(スマスイ)の魚たちを見ながら自問することがある。600種が展示され、年間120万人もの来園者が訪れるスマスイ。須磨マンスリーでは、「まじめにスマスイ」(全3回)と題し、展示の舞台裏で、生態のナゾに挑む最先端の研究や環境保護に取り組む飼育員らの姿を追う。(津田和納)

 甲羅から出た頭の両側にある赤色のラインが、生命力の強さを放っている。スマスイの一角にある淡水ガメ保護研究施設「亀楽園」。飼育中の多くが市内外の川や池で捕獲された外来種「ミシシッピアカミミガメ」だ。その数200匹。「ウミガメ博士」こと前園長の亀崎直樹(63)の主導で、2010年に開設された。

     □

 「アカミミガメが増えて困っている」

 10年に亀崎のもとに寄せられた相談をきっかけに兵庫県内外21地域の捕獲調査を実施。18地域でアカミミガメが見つかり、捕獲した全個体の52%が同種と判明した。一方で、日本固有種のニホンイシガメは16%にとどまった。

 「清流とされる川でも外来種が見つかる始末。このままでは日本の生態系がダメになる」

 亀楽園設置の目的は、外来種の収容と研究にあったが、亀崎は同時に「問題提起をしたかった」と振り返る。「身近な川や池で、固有種がいかに生息域を脅かされているか。多くの人に知ってもらえれば、社会全体の議論として広がるはず」

 捕獲したアカミミガメを持ち寄った来園者は、入場無料(期間限定)になる催し「アカミミガメ・パスポート」を毎年実施し、イベントを通じた情報発信に力を入れた。解剖の実習用に大学に提供するルートもできたほか、5~7月が産卵のピークであることや原産国の北アメリカと異なり、国内では雌の数が雄を上回ることなどが分かった。

 実態調査を基に駆除の方法も提言した。

 須磨区内の池で、網を使った駆除を行うと、当初は1回の捕獲数が最大4匹にも上った。しかし、月2回の駆除を3年間続けた結果、平均0・5匹に減少。継続的な駆除に効果があることを立証した。17年からは、神戸市と同県明石市が連携する対策協議会と協力し、駆除だけでなく、水辺の生態系の保全も推進している。

 河川の駆除だけでは限界があり、池と同時に実施することで効果が高まることも最近分かってきた。

 「生物の境界が乱れると、健全な地球の進化が維持できなくなる。水族館の知識やノウハウを生かした研究が、行政の政策を後押しする。一つの連携の形として根付き、発展していけば」と亀崎は力を込める。(敬称略)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 32℃
  • 21℃
  • 20%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ