神戸

  • 印刷
架空請求の詐欺被害を防いだ森文利さん=灘署
拡大
架空請求の詐欺被害を防いだ森文利さん=灘署

 架空請求詐欺の被害を防いだとして、兵庫県警灘署は11日、セブン-イレブン神戸六甲登山口店(神戸市灘区曾和町3)のオーナー森文利さん(54)=兵庫県芦屋市=に署長感謝状を贈った。

 5月3日、90代の男性が店を訪れ、ギフト券の購入方法を従業員に尋ねた。男性が持っていたメモ用紙に「アダルト」の文字があり、不審に感じた森さんが「詐欺ではないか」と男性を説得。通報を受けて駆け付けた警察官に引き継いだ。

 灘署によると、男性はインターネットを使った際、画面にアダルトサイト利用料の請求画面が出たため、書いてあった連絡先に電話し、指示を受けて20万円分のギフト券を購入しようとしたという。

 同店では昨年も同様の手口の詐欺被害を防いだ実績がある。森さんは「今後も高齢のお客さんへの声掛けを積極的にやりたい」と話した。(村上晃宏)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ