神戸

  • 印刷
途上国の給食費を支援するため、熊本県産のドーナツを販売する生徒たち=神戸市中央区諏訪山町
途上国の給食費を支援するため、熊本県産のドーナツを販売する生徒たち=神戸市中央区諏訪山町

 食事代の一部を途上国の給食費として支援する「テーブル・フォー・ツー(TFT)」の本年度の活動が、神戸山手女子中学・高校(神戸市中央区諏訪山町)で始まった。生徒が食堂でドーナツや飲料を販売し、売上額の一部が途上国に寄付される仕組み。ドーナツは熊本県産で、同時に熊本地震の被災地も応援できるという。

 同校では2015年から、授業の一環として毎年活動を続けている。特に選択科目「時事研究」を受講する高校3年生は年間を通じて取り組み、今年は約60人が参加。14日から、昼休みに校内で、熊本県の被災企業がつくるドーナツ10種類(各130~150円)と飲料8種類(各110円)を販売している。

神戸の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ