神戸

  • 印刷
東日本大震災の被災地を支援するためチャリティーライブを重ねる濱守栄子さん=東遊園地
拡大
東日本大震災の被災地を支援するためチャリティーライブを重ねる濱守栄子さん=東遊園地

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大船渡市出身のシンガー・ソングライター濱守栄子さん(41)が22日、故郷への義援金を募るチャリティーライブを神戸市中央区加納町6の東遊園地で開いた。1千万円の義援金を届けるため、電子ピアノを車に積み、全国各地で歌を届けている。

 濱守さんは銀行に勤めた後、29歳の時に上京。音楽活動を始めたころに震災が発生した。ニュース映像を見て「懐かしい風景が変わり果てていたことに衝撃を受けた」といい、路上ライブやCDの収益を義援金として寄付し始めた。

 これまで約800万円を贈ったが、1千万円を目標に今年4月、旅をスタートさせた。「1年はかかるかと思った」という目標は17日、わずか2カ月で達成。濱守さんは「さらに上積みを」と意気込み、22日には故郷への思いを込めた自作曲など5曲を熱唱した。

 同じ岩手県出身の男性(58)=西区=も駆けつけ、「濱守さんとは旧知の間柄。誇らしいし、応援したい」と喜んでいた。(伊田雄馬)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ