神戸

  • 印刷
ガラス工芸で日英交流に取り組む吉田延泰さん(左)とドミニク・フォンデさん=神戸市長田区久保町4
拡大
ガラス工芸で日英交流に取り組む吉田延泰さん(左)とドミニク・フォンデさん=神戸市長田区久保町4

 ものづくりのまち・長田を舞台にアートで日英交流を図ろうと、神戸市長田区在住のガラス作家吉田延泰さん(41)らが今秋、英国から作家を招いて芸術イベント「新長田ガラスレジデンス2019」を開く。地域が身近に楽しめる仕掛けとして、職人との共同制作や商店街でのワークショップなどを計画している。(今泉 欣也)

 近畿大でガラス工芸を専攻した吉田さんは、英ロンドン郊外の芸術大大学院に留学。その後も現地の芸術家らと人脈を広げる中で、工芸を通した国際交流をしたいと考えるようになった。ものづくり文化が根付くふるさと長田の震災復興にも生かしたいと、英国現代ガラス協会の協力で芸術交流プロジェクト「Naked Craft」を立ち上げた。

 2015年、英国のガラス作家サラ・ブラウンさんを神戸に招き、地元芸術家4人と展示会を開いたのを皮切りに、毎年交互に若手作家を招待している。

 今年は10月22日~11月10日まで、英国の作家ニーナ・カッソン・マクガルヴァさんが来神する予定で、吉田さんは神戸在住の英国人作家ドミニク・フォンデさん(45)と準備を進めている。

 「長田って、英国と同じ職人の町ならではの空気が流れ、英国発祥のラムネ瓶や瓶飲料アップルなど、ガラスとのつながりも深い」と吉田さん。「日英交流を通して、この身近な素材から時代に合った質の良い作品を生み出せたら」と意気込む。

 詳細はフェイスブックページ「Naked Craft Project」か、吉田さんの工房「がらす庵」TEL050・1006・4731へ。

神戸の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ