神戸

  • 印刷
壕から見つかった遺品を展示する会場=神戸市長田区二葉町7
拡大
壕から見つかった遺品を展示する会場=神戸市長田区二葉町7

 太平洋戦争末期の沖縄戦の壕から見つかった遺品を展示する企画展が13日、神戸市長田区二葉町7の「ふたば学舎」で始まった。15日まで。

 「沖縄戦遺骨収容国吉勇応援会」の学生共同代表、西尾慧吾さん(20)=米エール大=が2年前から全国各地で開催する企画展で、長田での開催は2回目。沖縄出身・在住で、身元不明の遺骨・遺品の収集を通して沖縄戦の惨禍を伝えている国吉勇さん(80)から借り受けた65点を展示している。

 展示品は食器やタンスの引き手といった民間の家財道具から、手りゅう弾、鉄かぶとといった軍用品などまでが入り交じり、大阪市から訪れた塾講師の男性(51)は「戦争の悲惨さを子どもたちに伝えたい」と一つ一つに見入っていた。

 午前10時~午後5時。入場無料。西尾さんによる展示品の解説(14日)と米軍基地問題について考える対談(15日)が、いずれも午後2時からある。神戸定住外国人支援センターTEL078・612・2402

(西井由比子)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ