神戸

  • 印刷
交換教員として派遣されたオーストラリアでの経験を本にまとめた清澤芳寛さん=長田高校
拡大
交換教員として派遣されたオーストラリアでの経験を本にまとめた清澤芳寛さん=長田高校

 交換教員として1年間オーストラリアに派遣された長田高校(神戸市長田区池田谷町2)教諭の清澤芳寛さん(40)が、体験記をまとめて自費出版した。現地で見つけた書籍がきっかけで執筆を決意。「書き残すことで誰かとつながり、新たな出会いも生まれる」と帰国後も国際交流を続けている。

 清澤さんは兵庫県と姉妹都市提携を結ぶ西オーストラリア州に派遣され、2016年4月から公立の小中高で日本語教師を務めた。

 異国での経験をまとめるきっかけになった書籍は、同州に派遣された長田高校教諭の延藤十九雄さんが31年前に手掛けた「パースに暮らして 交換教師の西オーストラリア滞在記」。州都パースにある兵庫文化交流センターで発見した。延藤さんから日本語指導を受けた生徒にも偶然出会い、当時の感謝の気持ちを伝えられたという。

 帰国後には延藤さんとも面会し「人と人のつながりは時の流れと国境を越える」と実感。約2年かけて体験記を編集し「体育教師、パースへ行く」として出版した。オーストラリアでの暮らしぶりや教育、スポーツなどについて読みやすくまとめた。

 水泳を通した交流にも励む清澤さん。21年に関西各地で開催される生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ2021関西」に向け、今年8月に神戸市内で行うテスト大会には、留学で知り合ったオーストラリアの選手を約10人招待する予定だ。

 パースでは、海などの自然を舞台にする長距離水泳「オープンウオータースイミング」が盛んで、日本での普及を目指し、神戸で初となる大会も計画。清澤さんは「20年東京五輪を機に外国人観光客や労働者が増える。日本文化に関心と興味を持つ人の輪を広げていきたい」と話している。

 書籍は1冊1300円。B6判、177ページ。長田高校TEL078・621・4101

(尾藤央一)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ