神戸

  • 印刷
幻想的な作品が並ぶ会場=神戸市中央区波止場町、メリケンギャラリー
拡大
幻想的な作品が並ぶ会場=神戸市中央区波止場町、メリケンギャラリー
写真家の山崎えりこさん=神戸市中央区波止場町、メリケンギャラリー
拡大
写真家の山崎えりこさん=神戸市中央区波止場町、メリケンギャラリー

 万華鏡を通して見えた風景などをデジタルカメラで撮影した写真展「endless flowers(エンドレス・フラワーズ)」が、神戸市中央区波止場町の「メリケンギャラリー」で開かれている。鳥や花、建造物など身近な被写体が作り出す幻想的な世界が来場者を魅了する。

 作者は大阪府豊中市在住の写真家山崎えりこさん(45)。小さなのぞき穴の先に広がる非日常的な光景にとりこになり、撮影用に万華鏡を自作。昨年11月から撮影を始め、約1万枚の中から厳選した36点と、動画2本を公開している。

 「日常にひそむ非日常」をテーマに作品制作を続けている山崎さん。今回の展示は先端に水晶玉を付けた万華鏡を使用。水晶玉により像がゆがむ効果も加わり、実在する被写体が題材とは思えない不思議な作風に仕上がった。

 作品は10センチ四方のアクリル板にプリントしており、手のひらサイズの空間に展開する日常から生まれた異世界を表現した。山崎さんは「何げないものがとても美しく写り込むこともある。日常ってすてきなんだと感じてもらえたら」と話す。

 入場無料。28日まで。月、火曜日休み。正午~午後7時(土日は午後6時、最終日は午後4時まで)。期間中、併設のカフェで同展をイメージした特製ゼリー(460円)を販売している。同ギャラリーTEL078・362・1170

(斎藤雅志)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月26日)

  • 31℃
  • 24℃
  • 10%

  • 30℃
  • 21℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 0%

  • 33℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ