神戸

  • 印刷
全身泥まみれになって試合を楽しむ参加者=神戸市北区大沢町上大沢
拡大
全身泥まみれになって試合を楽しむ参加者=神戸市北区大沢町上大沢
有馬温泉のPRキャラクター「有馬楓花」の声優(左)らによるイベント=有馬川親水公園
拡大
有馬温泉のPRキャラクター「有馬楓花」の声優(左)らによるイベント=有馬川親水公園

 夏晴れとなった4日、神戸市北区では、地域の活性化を目指す二つの催しが行われた。水田を使ったバレーボール大会では参加者が泥まみれになってボールを追い掛け、有馬温泉をPRするアニメキャラクターイベントでは参加者と一緒に地元の魅力を語り合った。(井上 駿、村上晃宏)

 水田で泥だらけになりながらバレーボールを楽しむ恒例の「どろんこバレーボール神戸大会」が、神戸市北区大沢町上大沢の休耕田で開かれた。全国から集まった102チーム約千人が参加し、のどかな田園に老若男女の歓声が響いた。

 自然が豊かで、近郊農業が盛んな同区大沢町の魅力を発信しようと、住民有志が企画し、今回で21回目となる名物イベント。試合は6人制で、水田にわらで編んだネットを立てたコートで実施された。

 晴天に恵まれたこの日、水着やゴーグルを身に着けた参加者がボールを追って豪快に水田に飛び込み、笑顔でプレーを楽しんだ。名古屋市の会社員(33)=神戸市東灘区出身=は、神戸出身の同僚らでチームを結成し、4年連続の出場。「バレーの経験がなくとも楽しめる。プレー後のバーベキューも最高」と話していた。

   ◇   ◇

 神戸市北区有馬町の有馬川親水公園では、有馬温泉をPRするアニメの姉妹キャラクター「有馬輪花・楓花」のイベントが開かれた。催しの中で、両キャラが有馬温泉の魅力の一つとして、神戸観光局から認定を受けたことが発表された。

 両キャラは、アニメ制作会社「エンバウンド」(東京)が2017年春に始めたアニメプロジェクト「温泉むすめ」の一環で創作。全国の117カ所の温泉地で計118のキャラを展開し、兵庫県内では他に城崎温泉(豊岡市)と湯村温泉(新温泉町)がある。

 この日は、楓花役の声優が登場し、ビンゴゲームなどを通して有馬温泉の魅力を語り、神戸観光局から認定証を受け取った。両キャラは有馬温泉関連の催しなどで活用されるという。

 同公園では25日まで、川べりですき焼き鍋を味わう「有馬涼風川座敷」を開催。アーティストが日替わりでクラシックなどを演奏し、有馬芸妓衆の演舞も不定休である。かき氷やアルコールの出店やゲームコーナーが並ぶ。

 午後7~10時。桟敷席で味わえる牛やカモのすき焼き鍋は予約制。有馬温泉観光総合案内所TEL078・904・0708

神戸の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 19℃
  • ---℃
  • 90%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ