神戸

  • 印刷
花時計賞の賞状を受け取る戸田直夫さん=灘消防署
拡大
花時計賞の賞状を受け取る戸田直夫さん=灘消防署

 車を運転中に心肺停止状態になり、衝突事故を起こした50代男性の命を救ったとして、神戸市市灘消防署はこのほど、願正寺(同市灘区国玉通4)の住職戸田直夫さん(49)に花時計賞を贈った。

 4月26日午前11時15分ごろ、ゴミ収集車を運転していた男性が心肺停止状態になり、同市灘区天城通8の交差点で電柱に衝突した。事故を目撃した戸田さんは車のドアをこじ開け、妻と協力して男性に心臓マッサージをした。素早い救命処置が功を奏し、男性は救急隊員らの到着後に脈と呼吸を取り戻した。現在は退院し、社会復帰しているという。

 約10年前に心肺蘇生法などを教わる救急・救命の講習会を受けた戸田さんは「基礎的な知識だけだったが、命を助けることができた。多くの人に講習会を受けてほしい」と話した。(川村岳也)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ