神戸

  • 印刷
「太平洋の白鳥」として人気の日本丸=神戸市中央区新港町
拡大
「太平洋の白鳥」として人気の日本丸=神戸市中央区新港町
実習生を乗せ、入港した青雲丸=神戸市中央区新港町
拡大
実習生を乗せ、入港した青雲丸=神戸市中央区新港町

 帆を広げた時の姿から「太平洋の白鳥」と呼ばれる練習帆船「日本丸」(2570トン)と練習船「青雲丸」(5890トン)の2隻が19日、神戸市中央区の新港第1突堤に着岸した。両船が同時に神戸港に入港するのは2018年8月以来。いずれも24日まで停泊する。

 青雲丸は午後3時、日本丸は午後4時に着岸した。期間中、日本丸は日没から午後10時まで船体がライトアップされるほか、20日と22日には神戸市内の小学生を対象とした船内見学会が行われる。

 台風10号の影響で両船とも入港時間を変更したため、19日に予定されていた入港セレモニーは中止になったが、日本丸の入港時にはカメラを持った人たちの姿も。日本丸をそばで見た男児(4)=神戸市東灘区=は「船は大きかった。将来は船乗りになりたい」と目を輝かせていた。(長沢伸一)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ