神戸

  • 印刷
昨年のシム記念・摩耶登山マラソンの様子
拡大
昨年のシム記念・摩耶登山マラソンの様子

 摩耶山(神戸市灘区)の初冬の風物詩となった「第7回シム記念・摩耶登山マラソン」(神戸新聞社など後援)が12月7日に開かれる。8月25日から出場者の募集が始まる。9月27日まで。

 外国人向けスポーツクラブ「神戸レガッタ&アスレチッククラブ」などでつくる実行委員会の主催。

 日本初の長距離ロードレースとされ、同クラブを1870年に創設したアレキサンダー・キャメロン・シム(1840~1900年)が、72年に旧居留地と摩耶山を往復するレースを開催し、シム自身も出場して優勝した。

 ロングコース(10キロ)=200人、午前10時スタート、制限時間3時間、5千円▽ショートコース(3キロ)=50人、午前10時45分スタート、制限時間2時間、3千円▽わくわくチームランコース(3キロ)=50組(1組2~5人)、午前10時55分スタート、制限時間3時間、1人2千円-が設けられている。

 いずれも神戸高校同窓会館(同市灘区城の下通1)をスタートし、山頂付近の「掬星台」がゴールとなる。受け付けは先着順で、申し込みは第7回シム記念・摩耶登山マラソンのホームページ(http://www.hashiru-do.jp/sim-memorial/)から。問い合わせは神戸市イベント案内・申込センターTEL078・333・3372

(藤原 学)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ