神戸

  • 印刷
平均約500平方メートルの敷地に建つ豪邸=北区柏尾台
拡大
平均約500平方メートルの敷地に建つ豪邸=北区柏尾台
教会のような西洋風の住宅も目立つ=北区柏尾台
拡大
教会のような西洋風の住宅も目立つ=北区柏尾台
整然と並ぶ街路樹。山田町のまちを一望できる=北区柏尾台
拡大
整然と並ぶ街路樹。山田町のまちを一望できる=北区柏尾台
(左)住宅内に犬専用の部屋がある住宅(右)玄関に段差のない西洋風の入り口のある住宅=いずれも北区柏尾台
拡大
(左)住宅内に犬専用の部屋がある住宅(右)玄関に段差のない西洋風の入り口のある住宅=いずれも北区柏尾台
(左上)住民の管理組合「六甲倶楽部」が所有するクラブハウス(左下)クラブハウスに隣接するテニスコート(右上)クラブハウス内に設けられたトレーニングルーム(右下)分譲開始間もないころのパンフレット=いずれも北区柏尾台
拡大
(左上)住民の管理組合「六甲倶楽部」が所有するクラブハウス(左下)クラブハウスに隣接するテニスコート(右上)クラブハウス内に設けられたトレーニングルーム(右下)分譲開始間もないころのパンフレット=いずれも北区柏尾台

 1区画当たりの敷地面積の平均は約500平方メートル(約150坪)。まちは美しく清掃され、街路樹の手入れも行き届いている。1日2回、管理員が巡回し、地区内に設置された計7台の防犯カメラが、不審者に目を光らせる。新神戸トンネルの箕谷ランプ近くに広がる神戸市北区柏尾台。いつしか人はこのまちを「北区のビバリーヒルズ」と呼ぶようになった。どんな豪邸が建ち、どんな人が暮らしているのか。早速、調査を始めた。(西竹唯太朗)

 柏尾台は1980年に東京の不動産会社が中心となって開発し、93年から分譲が始まった。当時の本紙記事には土地建物価格(平均)1億円前後とある。

 「やはり、億ションやったんや」

 取材をしようと自治会を探すが見当たらない。調べると「管理組合法人」なるものが存在した。理事長の中元勝子さん(71)に話を聞いた。

 「ここには自治会はないの。住人が管理組合(通称・柏尾台六甲倶楽部)を法人化させて、管理会社に住宅街を管理してもらっているのよ」

 -どんな人が暮らしているのでしょう?

 「医者や会社経営者などが多いわね。昔に比べ、土地の値段が下がったので、最近は若い世代も入ってきてるの」

 まちを巡ると高級外車が数台並ぶガレージや青々と芝がまぶしい庭園を備えた豪邸が並ぶ。教会のような西洋風の建物や近代的な造りの住宅なども目に入る。

 さらに驚くのは、まちの中心部にある六甲倶楽部のクラブハウスだ。組合員が会合を行う会議室のほか、トレーニングマシンを設置したジムスペース、テニスコートなども併設されている。住人の同倶楽部への加入は原則義務とされ、入居時に同ハウスの修繕積立金などとして120万円を支払う。そのほか毎月徴収される組合費約1万4千円は、管理会社への委託料金などに充てている。

 「高いでしょ。でも料金がかかる分、住宅街の清掃とかも住人はやらなくていいの」と中元理事長。また、回覧板もなく、住民で共有すべき情報は管理会社から各戸に知らされる。

    □  □

 それではお待たせしました。豪邸訪問でーす!

 西洋の城のようなとがった屋根が特徴の男性(71)宅。東京で自営業を営んでいたが、数年前に引退。その後、学生時代を過ごした神戸に戻ってきたという。「友達も多いので関西で探していたところ理想的な住宅を見つけられた。トンネルもあるので三宮に飲みに行ってもすぐに帰れるところもいい」と太鼓判を押す。芝生が整備された庭には、喫煙専用のあずまや、屋内には愛犬専用の部屋を設けるなどのこだわりだ。

 また、元船長の男性(78)宅は、バラや桜などあらゆる植物を栽培する約190平方メートルの庭園が特徴。「趣味の園芸を楽しめる」と満足げだ。

    □  □

 一方で、空き地も点在する。市によると、今年5月末時点で、全187区画中、住宅が建っているのは91区画(92世帯、226人)にとどまる。

 「あなたも転入なさる?」と中元さん。

 「僕にはとても…」。こう答えながらも、セレブになった自分を想像し、ビバリーヒルズを歩いてみた。

神戸の最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 22℃
  • 18℃
  • 20%

  • 19℃
  • 15℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ