神戸

  • 印刷
神戸大橋のたもとから天高く光の柱が出現=神戸市中央区新港町
拡大
神戸大橋のたもとから天高く光の柱が出現=神戸市中央区新港町

 「みなとこうべ海上花火大会」が終わり、ふと神戸大橋(神戸市中央区)を見ると、青白い4本の光が天へと伸びていた。花火の粋な演出だろうか?

 「イベントなどに合わせた上空照射」と、神戸市の担当者が教えてくれた。2014年の神戸マラソン前夜に初めて実施し、天を突くほどの光を放つ強力なライトを使っているそうだ。

 時期によって時間帯は異なり、8~9月は午後6~11時半に夜空を照らす。オススメは、雨が降った日の夜。大気の微粒子が光の道筋を映し出し、一番奇麗に光が見えるという。

 恋人たちにはロマンチックな演出で、独り身の僕にはうらやましい限り。いっそ光の先に「未来のお嫁さん」を映してくれたらいいのに…(長沢伸一)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月14日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 40%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ