神戸

  • 印刷
西神中央駅前に整備される文化・芸術ホールやマンションのイメージ(神戸市提供)
拡大
西神中央駅前に整備される文化・芸術ホールやマンションのイメージ(神戸市提供)
新しい西図書館は蔵書数が3倍の約30万冊になる(神戸市提供)
拡大
新しい西図書館は蔵書数が3倍の約30万冊になる(神戸市提供)
文化・芸術ホールは本格的な音響設備を備える(神戸市提供)
拡大
文化・芸術ホールは本格的な音響設備を備える(神戸市提供)
ホールと図書館をつなぐ交流モール(神戸市提供)
拡大
ホールと図書館をつなぐ交流モール(神戸市提供)

 神戸市営地下鉄西神中央駅前の市有地(同市西区美賀多台1)に文化・芸術ホールや図書館などを整備する事業について、神戸市は鹿島リース(東京)を代表企業とする企業連合体を優先交渉権者に決めた。ホールは本格的な音響設備を備え、クラシック音楽や観劇にも対応する。また、西図書館を移設する新図書館は今の約5倍の広さとなり、蔵書も3倍の約30万冊に増える。(長谷部崇)

 事業計画では、3階建ての文化施設(敷地面積約4千平方メートル)と、隣に11階建てのマンション(同約7840平方メートル、304戸)を建設する。

 文化施設は、500席を備える文化・芸術ホール(延べ床面積約2420平方メートル)と新しい西図書館(同約3330平方メートル)が入る。ホールは運営・管理も担う。文化施設は片流れ屋根の目を引くデザインで、ホールと図書館をつなぐ交流モールも設ける。

 現在の西図書館は延べ床面積約700平方メートルで、区民1千人当たりの図書館の面積では市内最小。一方で貸し出しの人数や冊数は地域図書館で2番目に多く、建物の拡大や蔵書の拡充を求める声が地域から上がっていた。

 公募には、五つの企業連合体が応募し、有識者らでつくる選考委員会が事業計画などを審査した。審査を通過した2グループのうち、鹿島リースなどの企業連合体の方が高得点で、マンション用地の買い取り価格が高かった。

神戸の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • 16℃
  • 30%

  • 22℃
  • 8℃
  • 20%

  • 22℃
  • 15℃
  • 40%

  • 21℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ