神戸

  • 印刷
ラグビーボールに見立てた餌入りボールを取り合うヤドカリとカニ=神戸市須磨区若宮町1(撮影・斎藤雅志)
拡大
ラグビーボールに見立てた餌入りボールを取り合うヤドカリとカニ=神戸市須磨区若宮町1(撮影・斎藤雅志)

 20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)を盛り上げようと、神戸市須磨区若宮町1の須磨海浜水族園で応援企画の準備が進んでいる。「みんなでスクラム! ラグビー盛り上げ隊」と銘打ち、カニとヤドカリによる勝敗予想のほか、日本代表にちなんだ魚も展示する。来園者と一緒に声援を送れるよう、海の生き物も厳しい練習を続けている。

 同園は、サッカー・ワールドカップの際も勝敗予想を実施。今回は神戸市が開催地となることもあり、地元から盛り上げようと、多彩な催しを企画している。

 勝敗予想では、餌のにおいに反応して素早く動く習性を利用し、カニとヤドカリがチームに分かれて結果を占う。水槽内にはクロスバーやゴールポストが置かれ、両者は餌の入ったボールを転がして点を競う。

 監督を務める飼育員の加藤健司さん(29)によると、ヤドカリは前後左右に素早く動くスピードが持ち味。カニは「普段はスローだが、餌を見つけると一直線。食いつくと、ハサミで離さない」と説明する。

 日本戦4試合と、神戸で開かれる4試合を占う。練習での勝率を考え、当日に予想を担当するチームを振り分けるという。現在は両チームとも日夜練習に励んでいるといい、「メンバーの入れ替えや強力な助っ人の投入もある。面白い展開を期待して」とPRする。

 展示では、日本代表が身につける紅白のユニホームにちなみ、赤色と白色のストライプ模様が特徴の海水魚「ニジエビス」や、桜のエンブレムにちなんで同「サクラダイ」を紹介。アザラシとタックル(抱擁)できる特別イベントも行うという(21~23日の3日間、参加費500円が必要)。

 勝敗予測は、開幕戦となる日本対ロシアを皮切りに9月20日、26日、28日、30日、10月3日、5日、8日、13日の午後12時15分から。展示は11月2日まで。(津田和納)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 80%

  • 21℃
  • 14℃
  • 90%

  • 24℃
  • 18℃
  • 80%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ