神戸

  • 印刷
飾り付けられたカボチャにかぶりつく旦旦=王子動物園
拡大
飾り付けられたカボチャにかぶりつく旦旦=王子動物園
お面の作り方を教える生徒(右)=大丸神戸店
拡大
お面の作り方を教える生徒(右)=大丸神戸店
だんじりを見上げる子どもたち=神戸市東灘区御影本町8
拡大
だんじりを見上げる子どもたち=神戸市東灘区御影本町8

 ハロウィーン(31日)直前の日曜日となった27日、神戸市内各地で関連イベントが開かれ、子どもたちを楽しませた。(喜田美咲、川崎恵莉子)

 同市東灘区の御影地区では、地域の子どもたちに伝統のだんじりを知ってもらおうというスタンプラリーがあった。ドラキュラや海賊など、児童ら約650人が思い思いの仮装をして地区内の会館を巡り、楽しみながらだんじりの魅力を教わった。

 子どもたちにだんじりの次の担い手になってもらうため、西御影や西町など九つの青年会が合同で実施し、8年目。参加者らは浜手と山手のコースに分かれ、スタンプを集めながら菓子をもらっていた。

 各会館の横にはだんじりの蔵があり、特別に公開された。見学した御影小学校4年の男児(10)は「中の太鼓が大きくてかっこよかった。いつか自分も引いてみたい」と目を輝かせていた。

    ◇

 同市灘区王子町3の王子動物園では、園内の動物にカボチャが贈られ、来園者がおいしそうに食べる動物の様子を楽しんだ。

 同園の恒例イベント。ゾウやキリン、チンパンジーなど約10種類の動物に、飼育員がお化けの顔にくりぬいたカボチャと好物の果物や野菜をプレゼントした。

 ジャイアントパンダ「旦旦」には、リンゴやニンジンで飾り付けたカボチャを用意。旦旦はゆっくりと餌に近づくと、前足を使いながらあっという間に完食した。パンダ舎の前には二重三重の人だかりができ、来園者は愛くるしい姿をカメラで撮影していた。

    ◇

 元町の大丸神戸店では、仮装した神戸甲北高校(同市北区)の生徒が買い物客らに菓子を配ったり、手軽な工作を教えたりして、一足先にハロウィーン気分を盛り上げた。

 同校で商業系の授業を受ける生徒10人が参加。兵庫県教育委員会による「ふるさと活性化」事業の一環で、北区の菓子店「ユーカリプティース」のクッキーを、合言葉「トリック・オア・トリート」と言った買い物客らに手渡した。工作コーナーでは、子どもたちにカボチャとお化けのお面作りを教えた。3年の女子生徒(18)は「子どもたちと触れ合える貴重な機会。こうしたイベントをまたやってみたい」と話した。

 同店では、31日午後1時~4時にも地下1階の食品売り場で開催する。

神戸の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ