神戸

  • 印刷
久元喜造市長(左)から感謝状を受け取った平松愛理さん=神戸市役所
拡大
久元喜造市長(左)から感謝状を受け取った平松愛理さん=神戸市役所

 歌で神戸のまちを元気づけ、震災の経験を広く伝えてきたとして、神戸市は21日、シンガー・ソングライター平松愛理さんに感謝状を贈った。

 平松さんは1995年の阪神・淡路大震災で須磨区の実家が全壊。同年に故郷の復興を願う歌「美し都 ~がんばろや We love KOBE」を発表し、復興支援ライブ「1・17 KOBE MEETING(コウベ・ミーティング)」を毎年1月に開催してきた。2005年には「神戸大使」にも任命された。

 コウベ・ミーティングは25回目となった今年で最後となり、これまでの取り組みに敬意を表して久元喜造市長が感謝状を贈った。平松さんは「私は神戸というまちが大好きで、その気持ちが私を引っ張ってくれた。コウベ・ミーティングで学んだことをメッセージに変えて、いろんな場所に歌って届けていきたい」と話した。(長谷部崇)

神戸の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ