神戸

  • 印刷
waffle+(ワッフルプラス、須磨区)のワッフル=神戸市提供
拡大
waffle+(ワッフルプラス、須磨区)のワッフル=神戸市提供
神戸酒心館さかばやし(東灘区)の粕汁=神戸市提供
拡大
神戸酒心館さかばやし(東灘区)の粕汁=神戸市提供
神戸ポートピアホテル(中央区)内「エレモ」のシーフードリゾット=神戸市提供
拡大
神戸ポートピアホテル(中央区)内「エレモ」のシーフードリゾット=神戸市提供

 神戸市特産のノリを使った限定メニューを飲食店で味わえる「第2回須磨海苔フェア」が、2月1日に始まる。レストランからパン店、菓子店まで、バラエティーに富んだ市内15店舗が参加する。(上杉順子)

 須磨海苔は市内産ノリを指す登録商標で、主に須磨沖で養殖されている。大阪湾は栄養分が多く、明石海峡の潮流にももまれて、アミノ酸やミネラル分が豊富で、漆黒かつ肉厚な品質を誇る。多くは県内産の「兵庫のり」として出荷されているため、「須磨海苔」の認知度を高めようと、市が昨年からフェアを開く。

 須磨の漁師でつくる「すまうら水産有限責任事業組合」によると、今季は昨年12月10日ごろに収穫を始めた。暖冬で水温もやや高めだが、黒くていいノリが採れているという。

 フェアは約1カ月間で、店舗により異なる。参加店などの詳細は特設サイト(https://www.gastropoliskobe.org/sumanorifair-vol2)か、神戸市イベント案内・申込センターTEL078・333・3372(午前8時~午後9時)で確認できる。

■一番摘み須磨海苔で手巻きずしはいかが

 神戸市特産の「須磨海苔」の初物で手巻きずしなどを楽しむ「一番摘み須磨海苔で神戸を巻いて食べる会」が2月15日、同市東灘区の神戸ベイシェラトンホテル&タワーズである。

 同ホテルや生産者団体でつくる実行委員会が主催。

 主に神戸産の食材を巻く手巻きずしのほか、灘の酒かすや神戸ポークを使ったかす汁、ワカメのしゃぶしゃぶなどが味わえる。魚のさばき方講座や須磨海苔の直売コーナーもある。

 午後5時半~8時。大人4千円、小学生3千円。先着250人。10日までに専用フォーム(https://forms.gle/C7fE3GV5SDDJtTaW7)から申し込む。同市漁業協同組合TEL078・706・0456

神戸の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

  • 8℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ